石川教区 7月度月度出発式

聖和4周年に向かって心一つに

2016年7月6日(水)、金沢家庭教会に金沢・能登・加賀の3教会から多くの教会員が集い、7月度の出発式が執り行われました。最初に証しの時間がありましたが、徳野英治会長がご自身のご友人を教会に導き、現在も加賀家庭教会で原理を頑張って学んでおられる様子などが証しされました。

髙松八寿夫地区長はみ言の中で、混迷を極める世界や国内の情勢を語られながら、7月が天の摂理的にも重要な時であることを強調され、真のお母様の矜恤の思いで立てられる多くの精誠を証しされました。また御聖婚記念式で下賜してくださった四大聖物の伝授にあたり、どのような心情と姿勢で授からなければならないのかを話されました。

四大聖物の各教会への伝授の後、牧会者の決意と共に億万歳で締めくくられました。