新・親セミナー

天が願われる家庭を目指して

地区長あいさつ

このたび新しく第6地区の地区長に就任された裵夢周(ペ・モンジュ)地区長が、いち早く石川の地を訪れてくださり、「新・親セミナー」が開催されました。講師には白井民夫先生を迎え、神様の愛と心情を相続した祝福家庭を目指し、「親」に焦点をあてた講座やディスカッションが行われました。

白井先生の講義

我那覇 加賀教会長の代表祈祷ののち、これまで親セミナーを通して家庭が一つになっていった証詞が紹介されました。髙松教区長のごあいさつでは、「家庭連合時代を迎え、神様の御国と御意を成就するうえで、重要なカギを握るのが私たちの家庭のあり方であります。神様の愛をいかに家庭であらわしていくかをこのセミナーを通して学んでまいりましょう」と語られ、裵夢周地区長をご紹介されました。

記念撮影

登壇された裵夢周地区長は教会員一人一人を見つめられながら、私たちの信仰初期において、初めて神様と出会った時の心情に立ち返りながら、私自身が変わっていくことで家庭も発展し、神様のビジョンを成し遂げていくことができるのですと説かれました。

神様を中心とする家庭を築き上げることは簡単なことではありません。親子関係を考えた時、親は子供だけを見つめていては意外とわからないことも多く、衝突が生まれることもあります。家族を結ぶものが「愛」であるなら、その愛の主体であられる神様を見つめ、その願いに心を傾けなければ、理想家庭の姿も見えてこないかもしれません。そのような観点で、「新・親セミナー」では親子関係を見つめ直す前に、より根底的に神様と私の関係を見つめ直すという信仰的観点で講義の時間がもたれました。