徳野会長特別集会

御父母様が愛された地、石川

「日臨節」ー4月1日は文鮮明総裁が日本留学のため1941年に下関から初めて日本に来られた日であります。そのような記念すべき日に徳野英治会長を金沢家庭教会にお迎えしての石川教区特別集会が行われました。

裵夢周地区長のご挨拶の後、徳野会長が登壇され、真のお母様(韓鶴子総裁)の最近のご様子から、石川の地をどれほど愛してくださっておられるかなど、たくさんの証しに参加者の表情は喜びであふれていました。

徳野会長は石川県を訪れる際は親族や知人と会う時間も作られながら、真の父母様の愛を証しておられます。1月に石川に来られた時と同じように「時は私たちの決断を待ってはくれません。勇気をもって堂々と真の父母様を証していきましょう!」と強調されました。

真の父母様の2020年までの大きなビジョンに共鳴し、再びこの地に真のお母様をお迎えできるよう励み、天一国の主人として成長していくことを決意していく時間となりました。