GW成和圏原理2日修練会

新しい友と、新しい発見を

ゴールデンウィークも半ばにさしかかり教会も人気なく静まり返っていましたが、4月30日夜に金沢家庭教会には多くの青年学生たちが集まり、いつも以上の活気に満ちていました。

石川教区の青年・中高生、そしてお隣の富山からも青年学生が集う中、原理2日修練会が開催されました。集合日には開講式にて中島教区長より激励の言葉をいただき、修練生たちは各自の目標を設定していきました。

5月1日からの2日間、新時代の幕開けとともに行われるこの修練会では、8コマの原理講義の他、アクティビティや交流の場ももちながら、教区・教会・世代の垣根を越えながら学びあい、刺激しあう場が与えられ、最初は緊張した面持ちであった修練生たちも、時間が経つにつれ自然と笑顔を見せていました。

統一原理の講義は一通り受けている人もいれば、創造原理や堕落論しか聞いたことがないという人もいましたが、それだけに一人一人真剣な表情で講義を受けていました。